ここから本文です

ハンドボールの迫力をVRで体感!

5/13(月) 19:11配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

女子ハンドボール世界選手権大会の開催まで14日で200日です。
大会を盛り上げようとハンドボールの魅力を伝えるVR映像が完成し蒲島知事が体験しました。

専用のゴーグルをつけVR「バーチャルリアリティー」の世界に誘われる蒲島知事。
「おぉ~」知事が見ていたのはこちらの映像。
ゴールキーパーとなった知事に向かって容赦ないシュートが放たれます。
あたかも選手と一緒にコートに立っているような臨場感を楽しめるこのVR映像はNTT西日本が独自の技術で開発したものです。
記者も体験すると・・・「ゴールキーパー!?ゴールキーパー!?あっ、来た~。ボールがかなり速いスピードで来ました」(記者)

女子ハンドボール世界大会の熊本開催まで半年余りですが、チケットの先行販売は「苦戦している」のが現状です。
スピーディでダイナミックなハンドボールの魅力を伝える新たなコンテンツの登場に大きな期待がかかります。
この映像今月25、26日には嘉島町のイオンモール熊本で体験できるほか、
熊本市中央区桜町のNTT西日本のショールームでも今月末から常設コーナーを設けるとしています。

RKK熊本放送

最終更新:5/13(月) 19:11
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事