ここから本文です

南魚沼 古風なこいのぼりや鎧兜 代々伝わる品披露

5/13(月) 10:18配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県南魚沼市塩沢の牧之通りの商店街が、五月人形やこいのぼり、鎧兜(よろいかぶと)などを店内に展示する催し「三国街道塩沢宿 武者人形かざり」を開いている。

 通りを訪れる観光客をもてなそうと地元の女性グループ「牧之通り 射干の会」が主催し、今年が13回目。15軒が参加している。

 通りに面した青木酒造は、虎退治をする戦国武将、加藤清正や白馬にまたがった、勇ましい武将人形のほか、約50年前の古風なこいのぼりを陳列。高田屋酒店には、江戸時代に使われた火消しの装束が飾られている。

 射干の会の中島真知子会長は「新緑の季節にゆっくりと通りを歩き、あちこち見て回ってほしい」と話している。

 見学できるのは、6月5日までの午前10時から午後4時。問い合わせは射干の会、090(7244)2353。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事