ここから本文です

未経験からデータサイエンティストになれる? 「死の谷」を越えた独学プログラマーが伝えたいこと

5/13(月) 7:00配信

ITmedia NEWS

 最近、Excelにすら苦戦していた元上司や営業の友人から「実はデータサイエンスの勉強を始めたんだ」「プログラミングを始めてみたんだけど、苦戦してるよ」という報告を受けました。

自作アプリが大ヒット(画像)

 社会人になっても新しいことを学ぼうとする姿勢は本当に素晴らしいと思いますが、独学ならではの苦労もあるようです。勉強方法が分からないという人もいれば、具体的な目標がなく「勉強のための勉強」をしているような人もいます。例えば「プログラミングを学んだけど何を作ればいいの?」といった相談は、なかなか答えるのが難しいです。

 政府が今年3月に発表した国家のAI戦略案では、専門的な知識を持つAI人材を25万人育成するという計画が明らかになりましたが、いままさに「AI人材を目指して勉強している」という人もいるのではないでしょうか。

 果たして政府が掲げるこの目標は現実的なのでしょうか。例えば、未経験からデータサイエンティストになれる人はどれほどいるのでしょう。そこで、今回は独学でプログラミングやデータサイエンスを勉強し、「独学プログラマーのためのAIアプリ開発がわかる本」も刊行したDaiさんに話を聞きました。

 LINEに画像を送ると自動でテキスト化してくれる、ユーザー数9万人超えのAIアプリ「文字起こし君」など多数のアプリを開発しているDaiさんに、独学を行うときのコツや、未経験からエンジニアやデータサイエンティストになるにはどうすればいいのかを尋ねました。

「エンジニアになりたかった」 近道は「まず作ること」

 「マーケター寄りのデータサイエンティスト」としてフリーランスで活動するDaiさんは、大学時代から「エンジニアになりたい」という思いがあったそうです。彼の独学エンジニア人生は、大学時代のちょっとしたきっかけからスタートしました。

 教育に関心を持っていたDaiさんは、とある教育系Webサービスの運営に携わることになります。HTMLもCSSも分からない段階でプロジェクトマネジャーを任され、プログラミングを学ばざるを得ない状況になりました。しかし、当時の独学はなかなかうまくいかず「挫折しました」と振り返ります。

 その後は授業の一環でR言語を軽く触る程度であまりコードは書いていなかったそうですが、IT企業への就職が決まったことで転機が訪れます。入社前に研修でJavaの勉強を始めることになったのです。

 研修自体には面白みを感じずあまりモチベーションが上がらなかったそうですが、エンジニアリング自体に興味があったDaiさんはオリジナルアプリを作ろうと考えました。

 「学問のオタク同士が会えたら面白いと考えて、そういう人のための出会い系アプリを作ろうと思いました」(Daiさん)

 環境にも恵まれていました。音楽好きなDaiさんは大学時代にバンド活動をしていたのですが、偶然にもメンバーの1人にプログラミングスクールの経営者がいたのです。ゼロから始めるオリジナルのアプリ開発は分からないことの連続でしたが、困ったときに相談できる相手が身近にいたことは良かったと振り返ります。

 大学4年生の夏から約半年かけてアプリを完成させ、全世界に公開しました。自分のローカル環境でアプリを構築する人は多くいるでしょうが、ドメインを取得してクラウド上にプログラムを置いて公開するところまでやり切ったのです。

 初心者で自作アプリを完成させ、リリースまでたどりつくのはかなりハードな印象です。Daiさんは「僕はやる気がない人間なので、これがあったら超面白いという、絶対作りたいものをまず決めるんです」と説明します。そうすると「絶対アプリを公開する」という強い意志が生まれるので、分からないことがあったり、コードのエラーが起きたりしてもくじけずに乗り切れたそうです。

 そこから「エンジニアになりたい」という思いが、さらに強くなっていきます。入社した会社はエンジニア採用ではなかったため「何らかの実績が必要だ」と考え、その後もいろいろなアプリを生み出していくのです。冒頭に紹介した「文字起こし君」もそうですし、Twitterで話題になったAIアプリ「スケベ博士」など10個ほどのアプリを自作していきました。

1/5ページ

最終更新:5/13(月) 7:00
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事