ここから本文です

クラウドSIM対応の新スマホ「jetfon P6/FREETEL P6」発表 1万6800円のエントリー機

5/13(月) 21:47配信

ITmedia Mobile

 MAYA SYSTEMは5月13日、クラウドSIMを搭載したスマートフォンの新機種「jetfon P6」と「FREETEL P6」を発表した。SIMカードを差し替えることなく、1日380円から、世界100カ国以上で通信ができるのが特徴。公式オンラインショップでの価格は1万6800円。

主なスペック

 両機種ともカラーごとに販売時期が異なり、jetfon P6はブラックを2019年5月14日に先行販売する。ホワイトとゴールドの発売時期は初夏を見込む。取り扱うのは、全国の販売店やMAYA SYSTEMの法人直販、公式オンラインショップ。FREETEL P6もブラックを公式オンラインショップ限定商品として5月下旬から6月上旬に発売予定で、ホワイトとゴールドの発売時期は初夏を見込む。

 2機種の違いは製品名のみで、スペックは同じ。製品名が「P6」ということもあり、これまでFREETELブランドとして販売されていた「Priori」シリーズの後継機種という位置付けになる。

 初代jetfonからクラウドSIM技術が進化し、事前のネット環境が不要となり、日本で通信容量プランを購入していなくても、海外旅行の現地に到着してから通信容量の購入ができるようになった。

 この他、利用中のネットワークの切り替えが可能となり、電波状況に合わせて最適な通信会社に切り替えることができるようになる。

 ハードとして進化した点は、対応する通信帯域(Band)が多いことや、デュアルカメラ、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応したことなどが挙げられる。一方、Prioriシリーズではこれまで背面カバーを外すことでき、バッテリーパックやカラフルな背面カバーを交換できたが、新機種jetfon P6とFREETEL P6ではバッテリー内蔵型となっている。

台数限定キャンペーンも

 新機種では台数または期間限定で2つの特典を用意する。「jetfon P6早期購入特典」として、5月14日から6月13日までの期間内に購入した人に、2020台限定、世界100カ国以上で30日間使える海外データ通信2GBまたは国内20GBのチャージコードをプレゼントする。チャージコードは2020年5月末まで入力できるため、30日間の利用開始タイミングは1年間の間に任意で選択できる。プレゼントのデータ容量を使い切ると128kbpsの低速モードで30日間使える。

 「FREETEL P6早期購入特典」は、FREETEL P6を発売日前の5月13日から事前購入すると、500台の台数限定で1万6800円から1万4800円に値下げする。また、OCN モバイル ONEのSIMと端末本体をセットにし、本体価格980円で5月下旬に販売を予定している。

1/2ページ

最終更新:5/13(月) 21:47
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事