ここから本文です

ブルゾンちえみ、ケラ作品出演に意気込み「35億忘れるくらいのキャラに」

5/13(月) 19:53配信

お笑いナタリー

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作、鈴木裕美演出の舞台「フローズン・ビーチ」に出演するブルゾンちえみが本日5月13日、東京・シアタークリエで開かれた製作発表記者会見に出席した。

【写真】KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」メインビジュアル(メディアギャラリー他4件)

ケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲を本人以外の演出家の手によって装い新たに上演するシリーズ企画「KERA CROSS」の第1弾として、7月12日(金)のプレビュー公演を含め全国9会場で上演される本作。個性際立つ4名の女性による密室劇で、ブルゾン、鈴木杏、朝倉あき、シルビア・グラブが出演する。

女優として初の舞台出演を果たすブルゾンは「シンプルにうれしくてワクワクする」と喜びを表す一方で、「ケラさんの作品で、演出が裕美さんで、(キャストが)私でよかったのか?と思う。生まれたての赤ちゃんに高級料理を食べさせるようなもの。『お前、ありがたみがわかるのか!?』っていう。初舞台でとても贅沢な環境にいさせてもらっているなと思います」と謙虚にコメント。「100%、何も知らない状態でぶつかっていこうという気持ちでしがみつきたい」と続け、「役が決まったとき、作品のファンの方に声をかけられることが多かったので、楽しみにしてくださっている方の期待に応えたい」と意気込んだ。

演じる市子という役柄については「“ブルゾンちえみ”のキャラクターとは全然違う。みなさまが『35億』のフレーズを忘れてしまうくらいのキャラクターにできたら」と意欲。囲み取材中には「ブルゾンさんの市子はすごく面白い」「本当にすごく素敵」「ブルゾンさんに頼っていきたい」とほかの出演者に言及される場面が多々あり、すでにチームワークも生まれつつある様子だった。

■ KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」
2019年7月12日(金)~14日(日)※プレビュー公演
神奈川・杜のホールはしもと ホール

2019年7月25日(木)
新潟・長岡市立劇場 大ホール

2019年7月28日(日)
福島・いわき芸術文化交流館 アリオス 大ホール

2019年7月31日(水)~8月11日(日・祝)
東京・シアタークリエ

2019年8月16日(金)~18日(日)
大阪・サンケイホールブリーゼ

2019年8月21日(水)
静岡・静岡市清水文化会館(マリナート)

2019年8月23日(金)
愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2019年8月28日(水)
高知・須崎市立市民文化会館

2019年8月31日(土)
香川・レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール

最終更新:5/13(月) 19:53
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事