ここから本文です

サニブラウンの才能を称賛 国際陸連会長、東京に期待

5/13(月) 18:33配信

共同通信

 12日まで横浜市で行われた世界リレー大会で来日した国際陸上競技連盟のセバスチャン・コー会長(62)がこのほど取材に応じ、男子100メートルで9秒99をマークし「10秒の壁」を突破した2人目の日本人となった米フロリダ大のサニブラウン・ハキームについて「驚異的な才能を持っている」と将来性を高く評価した。 

 ガーナ人の父、日本人の母の間に生まれたサニブラウンは東京・城西高時代に2015年世界ユース選手権で100メートルと200メートルの2冠を達成。国際陸連の年間表彰で新人賞に当たる「ライジングスター・アワード」にも選ばれた。

最終更新:5/13(月) 18:46
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事