ここから本文です

リンホラ新曲謎のボーカルは『進撃の巨人』ミカサ役石川由依「エレンにも…」

5/13(月) 13:00配信

オリコン

 Linked Horizonの新曲「13の冬」のプロモーション映像が13日13時に公開され、4月1日に音源の一部が公開されてから話題を呼んでいた女性ボーカルの正体が、テレビアニメ『進撃の巨人』でミカサ役を務めている声優・石川由依だったことが明らかになった。

【写真】“心臓を捧げよ”のポーズを決める石川由依

 「13の冬」は『進撃の巨人』Season3 Part.2(毎週日曜 深0:10 NHK総合)のオープニングテーマ「憧憬と屍の道」を担当しているLinked Horizonの4枚目シングル「真実への進撃」(6月19日発売)に収録される新曲。4月1日に音源の一部が公開されたが、ボーカリストに女性を起用していること以外の情報は明かされず、ファンの間では誰が歌っているのか話題となっていた。

 石川は「最初にこのお話をいただいた時は、正直『え!いいんですか…!?』と驚きました」と胸中を明かし、「『進撃×Linked Horizon』といえば、信頼の塊のような存在です。そんなRevoさんの曲をいつか歌ってみたいという淡い思いは抱いていたものの、『進撃』の世界観的にその気持ちを言葉にしてはいけない気がして、ずっと胸の奥底に眠らせていました。ですがその夢がこのような素敵な形で叶い、とてもとてもうれしいです!」と喜びを爆発させた。

 情熱的なボーカルで楽曲の世界観を見事に表現した石川は「役を演じている私が歌わせていただくので、“役者だからこそ”、“私だからこそ”できる表現を目指しました。心を込めて歌っています。リンホラファンの方にも、進撃ファンの方にもぜひ聴いていただきたいです! あと、エレンにも」とミカサらしいコメントを寄せた。

 「13の冬」Promotion Movie(Short ver.)は、動画配信サービスGYAO!で1週間独占先行配信中。

■石川由依コメント

最初にこのお話をいただいた時は、正直「え!いいんですか…!?」と驚きました。
Revoさんが手掛ける『進撃の巨人』の楽曲は、いつもストーリーを物凄く深いところまで読み解いたもので、これまで歌詞から気付かされることも多々ありました。
なので「進撃×Linked Horizon」といえば、信頼の塊のような存在です。
そんなRevoさんの曲をいつか歌ってみたいという淡い思いは抱いていたものの、『進撃』の世界観的にその気持ちを言葉にしてはいけない気がして、ずっと胸の奥底に眠らせていました。
ですがその夢がこのような素敵な形で叶い、とてもとても嬉しいです!役を演じている私が歌わせていただくので、“役者だからこそ”、“私だからこそ”できる表現を目指しました。
心を込めて歌っています。
リンホラファンの方にも、進撃ファンの方にも是非聴いていただきたいです!
あと、エレンにも。
発売を楽しみにしていてください!

最終更新:5/13(月) 15:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事