ここから本文です

【コラム】メジャーの裏でツアー4勝の中堅プロが無期限休養。そのワケとは?

5/13(月) 11:14配信

my caddie

 メジャー第2戦全米プロゴルフ選手権がニューヨークのベスページブラックCで現地時間16日に幕を開ける。タイガー・ウッズのメジャー2連勝はあるのか? 松山英樹は上位に食い込めるのか? 見どころ満載の華やかな舞台の裏で、ツアー4勝のプレーヤーが衝撃の告白をしていた。

【写真】全米プロ前哨戦を23位で終えた松山英樹

 去る7日「アルコールの乱用とうつ病の治療に専念するためツアーを無期限で休養する」とツイッターで発表したのはアメリカ人プロ、クリス・カークだ。

 8日は本人の34歳の誕生日。その前日彼は「新しい生活をスタートさせた」と以下のコメントを発信した。

「アルコールとうつの問題に関わってからしばらくたちます。止めようと思えば止められると思ってきましたがそうでもないようです。そこでこの度ツアーを休み自分が抱えている問題と向き合うことに決めました。どれくらい時間がかかるかわかりませんが、まずは家族にとって相応しい男になれるまで頑張ろうと思います」

 ツアー本格デビューの2011年にいきなりバイキングクラシックで優勝したカークは、2015年のクラウンプラザ招待でツアー4勝目を挙げるまで順風満帆なゴルフ人生を送ってきた。

 2014年にはフェデックスカップのポイントランク2位に大躍進。2015年にはプレジデンツカップにも出場し世界ランク最高位は16位。

 しかしその後は優勝争いに絡めなくなり徐々に賞金ランクも降下線を描くことに。昨年まで賞金シードに入っていたが今季は出場17試合で予選落ちが11試合。4月末の時点で賞金ランクは179位と低迷していた。

 いつどのタイミングで彼がアルコールを乱用し始め、うつを発症したのかはわからない。だが深く静かに症状が進行してことだけは間違いないようだ。

 過去にはアルコール依存症により暴力沙汰を起こし断酒、飲酒を繰り返したトラブルメーカー、ジョン・デーリーがいたが現在は飲酒問題とは決別しチャンピオンズツアーで活躍している。

 デリケートな話題だけに本人もその事実を公にするには大きな勇気が必要だったに違いない。普通の人なら隠しておけるものをプロゴルファーという立場ではそうはいかない。
 その辺をよく理解しているPGAツアーのコミッショナー、ジェイ・モナハン氏は「カークの決断を尊重しPGAファミリーとして全面的に支援したい」とコメントしている。

 華々しい夢の世界の裏には闇もある。選手たちには結果至上主義ではなくゴルフというゲームの素晴らしさを常に忘れずにいてもらいたい。

最終更新:5/13(月) 11:14
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事