ここから本文です

ブルキナファソで救出の人質3人、フランスに到着 一人は偶然見つかった韓国人女性

5/13(月) 12:12配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月13日 AFP】アフリカ西部ブルキナファソで、フランス軍の特殊部隊による救出作戦で解放された人質3人が11日、フランスに到着し、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領らの出迎えを受けた。この作戦では、仏軍兵士2人が死亡した。

 首都パリの南西に位置するビラクブレー(Villacourblay)の軍事基地に到着したのは、フランス人旅行者の男性2人と、名前が明らかにされていない韓国人女性1人。3人はブルキナファソへ派遣された専用機から降り立つと、マクロン大統領や高官、さらには在仏韓国大使館の職員1人が出迎えた。

 9日夜に実施された救出作戦では、同じく人質だった米国人女性1人も解放され、ブルキナファソで米当局に引き取られた。

 ジャンイブ・ルドリアン(Jean-Yves Le Drian)仏外相は11日、フランス人のこの旅行者2人が、ブルキナファソの隣国ベナンにある、渡航の回避が呼び掛けられている地域を訪れていたと指摘。

 同相はラジオ局ヨーロッパ1(Europe 1)に対し、「2人の市民がいたエリアは、このところ危険区域とみなされてきた。つまり訪れるべきではない場所、もし訪れた場合、重大なリスクを負ってしまう場所だ」と話していた。

 仏人男性の1人は同日、基地で報道陣の取材に応じ、ベナンではリスクを回避するようにとの外務省の勧告に注意を払うべきだったと認めた。

 さらに、「確かに政府の勧告を、そしてアフリカの複雑さを確かにもっとしっかりと考慮すべきだった」「何より気がかりなのは、私たちをこの地獄から解放してくれた兵士たちの家族のことだ」と述べた。

 その一方、救出作戦のさなかに偶然発見された韓国人女性と米国人女性は、1か月近く拘束されていたとみられている。

 フロランス・パルリ(Florence Parly)仏国防相によると、ますます情勢が不安定化するブルキナファソで、この女性2人が拘束されていることは、米韓両政府さえ当初、把握していなかったとみられるという。

 今回の救出作戦では、仏海軍の特殊部隊「ユベル(Hubert)」の隊員、セルドリック・デ・ピエルポン(Cedric de Pierrepont)さんとアラン・バトンチェロ(Alain Bertoncello)さんが命を落とした。マクロン大統領は、14日に国を挙げて喪に服す計画を明らかにしている。

 映像前半は、救出された人質3人に会うブルキナファソのロシュ・カボレ(Roch Kabore)大統領とフランスの外交官ら。ブルキナファソの大統領府にて。後半は、フランスに到着した人質3人を出迎えるマクロン大統領ら。11日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/13(月) 12:12
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事