ここから本文です

中国とネパール

5/13(月) 17:01配信

時事通信

 【ニューデリー時事】インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の記事を配信したネパール国営RSS通信が、自国当局から記者3人の聴取を命じられた。ネパール紙カトマンズ・ポストが12日伝えた。

ダライ・ラマ報道で記者聴取=中国に配慮-ネパール

 ネパールでは昨年2月、共産党政権が成立し、中国傾斜の姿勢を強めている。バスコタ情報通信相は同紙に「隣国の懸案事項に敏感であるべきだ」と述べ、対中配慮が背景にあったと認めた。

最終更新:5/13(月) 17:02
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事