ここから本文です

パリの観光名所が血まみれに!? 「絶滅への反逆」 赤い液体まいてデモ

5/13(月) 14:49配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月13日 AFP】フランス・パリの観光スポット、エッフェル塔(Eiffel Tower)を望むトロカデロ広場(Trocadero Square)の階段で12日、環境保護活動家らが血に見立てた赤い液体を流し、地球の生物多様性の損失が加速しつつある危機を訴える抗議デモを行った。

 現場のAFP記者によると、観光客と警官が見守る中、気候変動の危機を訴える「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」のメンバーらがそれぞれ容器を持ち、合計約300リットルの赤い液体をエッフェル塔の真向かいにある有名な遊歩道へ向けて流した。

 デモ参加者らは「6度目の大量絶滅を食い止めろ」と書かれたバナーを掲げ、数分間の黙とうの後、階段を掃除した。

 また南西部の都市ボルドー(Bordeaux)では11日夜から12日朝にかけて商工会議所の足場に横断幕を掲げた「絶滅への反逆」の活動家6人が拘束された。

 国連(UN)は先週、現在生息するとみられている約800万種の生物のうち、約100万種が絶滅の危機に直面する恐れがあると警告する報告書を発表している。

 英国の学者らが昨年始めた「絶滅への反逆」は、世界で最も急速に発展している環境運動の一つとなっている。(c)AFPBB News

最終更新:5/13(月) 15:07
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事