ここから本文です

【写真あり】与那国島地方で50年に一度の記録的な大雨 3時間で276ミリ 観測史上最大

5/13(月) 12:20配信

沖縄タイムス

 沖縄気象台によると、与那国島地方で13日午前9時10分までの3時間で276.5ミリの猛烈な雨が観測された。観測史上最大。50年に一度の記録的大雨になっているところもある。石垣島地方でも昼過ぎから夕方にかけて1時間に50ミリの激しい雨が降る恐れがある。与那国町は午前9時、町内全域にあたる953世帯、1707人に避難勧告を出した。

【写真】50年に一度の豪雨で道路が冠水

 町内5つの小中学校のうち行事の振り替え休日を除く3校で休校。与那国町の比川小は「通学に危険が及ぶ」として終日休校で、久部良中は午後から休校。町によると床下浸水が2件あり、2世帯2人が避難している。道路冠水も各地で発生している。人身被害は午前11時半現在、確認されていない。

 沖縄気象台は「南から温かく湿った空気が与那国島地方に入り込み、猛烈な雨が降っている」と説明。13日夕方にかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水への警戒と、昼前まで落雷や突風に注意するよう呼び掛けている。

 時系列情報

・気象庁は午前6時15分に大雨警報、午前6時48分に洪水警報を発令
・午前7時半に外間守吉町長を本部長に対策本部を設置
・午前8時27分、与那国町は土砂災害の警戒対象地域に
・午前9時半に保健センターに避難所が開設
・12日午後4時から13日午前10時までの総降水量は与那国空港で431.5ミリ、与那国町祖納で421ミリ。

最終更新:5/13(月) 12:50
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事