ここから本文です

メキシコ石油公社、80億ドルの協調融資に署名-みずほなど主導

5/13(月) 23:34配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 資金難に陥っているメキシコ石油公社(ペメックス)は、80億ドル(約8700億円)のシンジケートローンに署名した。同社史上で最大規模となる。投資家の信頼回復に向け同国のロペスオブラドール大統領が公表した計画の一環。

JPモルガン・チェースとHSBCホールディングス、みずほフィナンシャルグループが今回の融資を主導。メキシコ市で13日開かれたイベントで、各行代表らが合意に署名した。同イベントには、ロペスオブラドール大統領のほか、ペメックスのオクタビオ・ロメロ最高経営責任者(CEO)と同国のウルスア財務相も出席した。今回のローンの金利はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に235ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした水準となる。

「メキシコとメキシコ政府に信用があることを示している」とロペスオブラドール大統領は発言。「銀行は信頼を示しており、われわれはこうした銀行に感謝している」と述べた。

原題:Pemex Signs $8 Billion Syndicated Loan With JPMorgan, HSBC (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Justin Villamil, Cyntia Aurora Barrera Diaz

最終更新:5/13(月) 23:34
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事