ここから本文です

もはやドライバーズ選手権ではない……ペレス、所属チームが勝敗分ける現代F1に不満

5/14(火) 8:26配信

motorsport.com 日本版

 2021年に規則の大幅改訂を予定しているF1。そんな中、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)はここ数年、このスポーツが間違った道をたどっていると感じている。なぜならドライバーがレース結果に与える影響が、ますます少なくなっているからだ。

【動画】F1スペインGP決勝ハイライト

 ペレスはこうした状況に不満を募らせていることを認めた。そして、もしこの状況が劇的に変化しないならば、彼はこのスポーツを続けることに興味を失うかもしれないと語った。

 2021年の規則変更についてmotorsport.comに尋ねられたペレスは次のように答えた。

「F1がしなければいけないことは、これをチームチャンピオンシップではなく、ドライバーズチャンピオンシップにすることだ」

「ここ数年でそれは悪化していて、現状は単なるチームのチャンピオンシップだ。ドライバーズチャンピオンシップではない。全てはマシンのポテンシャルに依存している。それはこのスポーツ、そしてドライバーにとって残念なことだ」

「競争力を得られないがために、キャリアを通して表彰台に上がる機会がないであろう素晴らしいドライバーがたくさんいる。これは根本的な問題で、F1は大規模な変更をしなければならない」

「これまでずっとこのような状況なので、2021年のルールを本当に楽しみにしている。チームが関係するチャンピオンシップはもうたくさんだ。だから将来的にはドライバーがもう少し違いを生み出せるようになればと思う」

 さらにペレスは、近年はメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームに大きなトラブルがない限り、表彰台でのフィニッシュさえ不可能であるため、現状のレースにほとんど満足できないと語る。

「ベスト・オブ・ザ・レストのためにここに来ることがどれほどフラストレーションの溜まるものか想像してほしい」

「人々は理解に苦しんでいる。テニスやゴルフは道具を使っているけど、それを使いこなすのはテニス選手、ゴルフ選手次第なんだ」

「本来どの位置でゴールするかはわからないものだ。でもここでは皆、多かれ少なかれどの辺りでゴールするかを分かっている。だからこのスポーツを良くするために抜本的な変更が必要だし、そうでなければ将来的に大きな問題になるだろう」

 またペレスは、2021年の新規則がトップ3チームと中団チームをより近づけるのに不可欠だと考えている。

「ルール変更の担当者は、全チームに均等な機会を与えようと懸命に働いてくれている」

「明らかに彼ら(トップ3チーム)は素晴らしいチームだが、大きな問題のひとつはリソースだと思う」

「何年間も、3倍から4倍のリソースを持つチームと競争しているんだ。だから彼らと比較して同じような構造をつくりあげることは単純に不可能だ。僕はそれが問題のひとつだと思う」

「より標準的なマシンをつくるべきだ。僕たちはベストなマシンではなく、ベストなドライバーが勝つのを見たいんだ」

「僕はいちドライバーとしても、そしていちファンとしても、それを待ち望んている。そうでないと興味をなくしてしまう」

Jonathan Noble

最終更新:5/14(火) 8:26
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事