ここから本文です

いじめで娘を亡くした両親が教員の対応を疑問視

5/14(火) 19:12配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

去年、県北の女子高校生がいじめを理由に自殺した問題で
遺族が14日県に対し教員の対応などについて調査を求めました。

この問題は去年5月、高校3年生の知華さんがいじめを伺わせる遺書を残し、自ら命を絶ったものです。
14日、生徒の両親が県に対し調査を求めたのは
自殺した娘に対し授業中、他の生徒が「死ねばいい」など複数の暴言があった際の教員の対応です。
両親は「教員の対応に関する事実がはっきりしていない」としています。
この問題を巡っては今年3月に生徒の自殺は「いじめが影響した」と第三者委員会が県に最終報告をしていました。

RKK熊本放送

最終更新:5/14(火) 19:12
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事