ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)水谷八重子:8 幸せだったのは結婚するまで

5/14(火) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■新派女優・水谷八重子

 《1959年5月、タレントとして人気絶頂の20歳で結婚した》
 相手は人気ジャズドラマーの白木秀雄さん。服部良一先生に甘やかされて育った私は譜面が読めなくても恥と思わない。音楽はそういうもんじゃないとたたき込み、目を開かせてくれた人です。
 白木秀雄クインテットと私で新婚アルバムを録音したときも「リズム音痴、やってられるかっ」って。女房という照れもあったんでしょう。母も秀坊、秀坊と可愛がっていましたが、本当に幸せだったのは結婚するまで。彼に女性の影が見えたり、生活がすれ違ったり。…… 本文:814文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/14(火) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事