ここから本文です

<明日のなつぞら>5月16日 第40回 泰樹、弱音を吐く とよに“あるお願い”

5/15(水) 18:09配信

まんたんウェブ

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第7週「なつよ、今が決断のとき」を放送。5月16日の第40回では、泰樹(草刈正雄さん)は、帯広の菓子店・雪月を訪れ、自分の裏切りがきっかけで、なつ(広瀬さん)が東京に出て行く決意を固めてしまったと、とよ(高畑淳子さん)に打ち明け、弱音を吐く。そして、雪次郎(山田裕貴さん)が東京に修業に行くのなら、一緒に連れて行ってくれないかと願い出る。そんな中、泰樹は、富士子(松嶋菜々子さん)から、なつが東京に行きたい理由は、兄を支えること以外に、別の理由があるのではないかと伝えられ……。

【写真特集】とよに、自分のせいでなつが東京に出て行ってしまうと弱音を吐く泰樹

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。広瀬さん演じるヒロインの奥原なつは1937年、東京生まれの設定。大空襲を生き延びるものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎(さいたろう)、妹・千遥(ちはる)と別れ、父の戦友だった柴田剛男に一人引き取られ、北海道の十勝地方に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民1世である剛男の義父・泰樹から、開拓者精神と共に人生で大切なことを学んでいく。

 第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」は、兄・咲太郎(岡田将生さん)を捜すため、東京を訪れていたなつと富士子は、偶然、天陽の兄・陽平(犬飼貴丈さん)と再会する。陽平は、東京の美大に通いながら、マンガ映画を作る会社で働いていた。なつは、陽平に誘われ、マンガ映画の制作現場を見学すると、心を奪われる。一方、十勝では、照男が大事な話があると天陽を呼び出し、なつへの思いを確かめようとする。そんな2人は、青年団のスキー大会で対決することになり……という展開だった。

最終更新:5/15(水) 18:09
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事