ここから本文です

がん闘病中のNosuke、約15時間の大手術を終える 「今は起き上がったり歩いたりも」と回復の兆しも

5/14(火) 11:02配信

ねとらぼ

 精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中のロックバンド「HighsidE」のNosukeさんが5月13日にブログを更新。約15時間にも及ぶ大手術を終えたことを報告しています。

【画像】3月の退院後ドラムをたたくNosukeさん

 2018年11月にステージ3a(5年生存率40%)の精巣がんが発覚し、同年12月には左睾丸の摘出手術を受けたNosukeさん。術後は抗がん剤治療に取り組み、2019年3月には「病名宣告された当時はこの日が来る事が想像出来ませんでした」と喜びの言葉とともに退院を報告。その後のブログでは、抗がん剤治療によって小さくなった胚細胞腫瘍を取り出す手術を5月に受けることを明かしていました。

 5月9日に約15時間の大手術を受けたことを明かしたNosukeさんは、「手術ギリギリまでブログに頂いたコメントやSNSに頂いたDMを読み返しておりました。改めて沢山の勇気を補充させて頂きました」と応援を続けてくれるファンに感謝のコメント。術後は集中治療室(ICU)で“地獄のような時間”を耐え抜いたそうで、「ようやくまともに会話も出来るようになり今は起き上がったり歩いたりもできるように」と術後4日でようやく回復の兆しが見えてきたことをつづっています。

 投稿では、「いつも真っ先に駆けつけてくれるメンバーの皆さんありがとう」とお見舞いに来てくれたバンドメンバーとの集合写真もアップしたNosukeさん。ファンからは、「おかえりなさい! 大変な手術、ほんとにお疲れさまでした」「毎日心配していました。ほっとしました」「とにかく良かった!ブログが更新されてホッとした!」など安堵(あんど)の声が多くあがっています。

ねとらぼ

最終更新:5/14(火) 12:12
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事