ここから本文です

岡山天音×武田玲奈×中村優一のダンスムービー「踊ってミタ」2020年初春公開

5/14(火) 13:00配信

映画ナタリー

岡山天音が主演を務める「踊ってミタ」の製作が決定。2020年初春に公開予定であることがわかった。

【写真】飯塚俊光(メディアギャラリー他6件)

「踊ってミタ」は、東京で映像作家になることをあきらめ故郷の町役場の観光課職員となるも、夢を捨てられずにいる三田を主人公とする“ヒューマンダンスムービー”。2週間で町を活性化するよう町長から命じられた三田が踊りによるPR映像を制作することになり、悪戦苦闘の日々を送るさまが描かれる。

メガホンを取ったのは「チキンズダイナマイト」「ポエトリーエンジェル」でも岡山とタッグを組んだ飯塚俊光。三田の同僚・真鍋役で武田玲奈、若手町長・丸山役で中村優一が出演する。また、ボカロプロデューサーの40mPが音楽を担当。DJとしても活躍する踊り手・めろちんが振り付けを手がける。

岡山は「台本を初めて読んだ時、気がついたら声を出して笑っていました。飯塚監督が描いた三田というおかしな男の挫折と再生。思う存分楽しみながら演じたいと思います」と意気込みを述べる。武田は「前回の『ポエトリーエンジェル』を超えるような素敵な作品を、皆さんに見ていただけるように、全力で作品を創り上げたいと思います!」、中村は「初めて台本を読んだ時に面白すぎて読み終わるまで止まりませんでした」とコメントした。

なおMotionGalleryでは本作のクラウドファンディングが実施されている。

■ 岡山天音 コメント
台本を初めて読んだ時、気がついたら声を出して笑っていました。飯塚監督が描いた三田というおかしな男の挫折と再生。思う存分楽しみながら演じたいと思います。魅力的な共演者が集った群像劇になると思うので、主役埋もれ映画にならないよう、とにかく踏ん張ります。生きる事は楽じゃありませんが、この映画が観てくれた誰かの優しい友達になってくれる事を願っています。

■ 武田玲奈 コメント
「ポエトリーエンジェル」ぶりに、大好きな飯塚監督と、岡山天音さんのような素敵な俳優さんとご一緒出来て嬉しく思っておりますし、今から撮影がとても楽しみです!
前回の「ポエトリーエンジェル」を超えるような素敵な作品を、皆さんに見ていただけるように、全力で作品を創り上げたいと思います!

■ 中村優一 コメント
映画「踊ってミタ」に町長役で出演させていただきます、中村優一です。
今のところ深く語れないのですがとてもユニークな役柄です。飯塚俊光監督の作品「独裁者、古賀。」や「ポエトリーエンジェル」が大好きなので今回の出演がとても嬉しいです。そして、初めて台本を読んだ時に面白すぎて読み終わるまで止まりませんでした。
出演者は、主演の岡山天音くんはじめ、今をときめく若いキャストの皆様や、とても味のある俳優、女優の皆様が出演されます。映画「踊ってミタ」期待してください。宜しくお願い致します。

■ 飯塚俊光 コメント
「踊ってみた」を題材に映画が撮れることを光栄に思っております。「踊ってみた」は「振り付け」「音楽」「踊り手」のすべてがユーモラスでとても魅力的です。その魅力を、延いては「日本」の魅力を感じてもらえるようできるだけホンの中に詰め込んだつもりです。素敵な俳優とスタッフとともに全力を尽くしたいと思います。どこか痛いけど憎めない登場人物が織りなすドラマと踊りを期待してもらえればと思います。きっと「令和」にふさわしい映画になるはずです。

■ めろちん コメント
この度劇中の振付を担当させて頂きました。
振付を通して踊ってみたの良さが少しでも伝われば幸いです。

■ 40mP コメント
この度、「踊ってミタ」の劇中歌を制作させていただきました、40mPと申します。
映画の脚本を読ませていただき、登場人物の個性がとても魅力的だと感じたので、なるべくそれぞれのキャラクターの世界観に合うような楽曲制作を心がけました。
どんな作品に仕上がるか自分自身もとても楽しみにしています。

(c)2020「踊ってミタ」製作委員会

最終更新:5/14(火) 13:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事