ここから本文です

北朝鮮飛翔体はロシアから輸入か 米分析サイト

5/14(火) 11:09配信

共同通信

 【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は13日までに、北朝鮮が4日に発射した飛翔体に関し、ロシア製の高性能弾道ミサイル「イスカンデル」と酷似しているとの分析を公表した。ロシアから輸入したことを示唆しているとの見方を示した。

 米ミサイル専門家のマイケル・エレマン氏による分析。北朝鮮が発射後に公表した写真を基に、韓国の弾道ミサイル「玄武2」のほかウクライナのミサイル「グロム」との形状や大きさの類似点も指摘したが、打ち上げ後の破片などから、ロシアからの輸入の可能性が高いとした。

最終更新:5/14(火) 11:14
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事