ここから本文です

NHK受信料収入、初の7千億円超え 5年連続過去最高

5/14(火) 18:17配信

朝日新聞デジタル

 NHKは14日、2018年度決算(単体、速報値)を発表した。受信料収入は前年度より209億円増の7122億円。5年連続で過去最高となり、初めて7千億円を超えた。受信料制度を合憲とした17年12月の最高裁判決が出たことや、営業体制の改革が進んだことが要因としている。

【図解】NHKの番組がネットでも見られる常時同時配信の仕組みとは

 受信料の支払率は前年度より2ポイント増えて82%となり過去最高だった。一般企業の売上高にあたる事業収入(受信料収入を含む)は7332億円。事業収入から事業支出を差し引いた事業収支差金は271億円で、当初予算で見込んでいた40億円を大きく上回った。

 NHKは今年10月に予定されている10%への消費増税時に受信料額を据え置くことで、実質的な受信料値下げを行うため、今年度予算では事業収支差金は30億円の赤字を見込んでいるが、NHKは黒字になる可能性もあると説明している。

朝日新聞社

最終更新:5/15(水) 1:18
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事