ここから本文です

大谷 復帰弾出た試合前には投球リハビリ実施も「焦る必要はない」一問一答【2】

5/14(火) 16:58配信

デイリースポーツ

 「ツインズ4-5エンゼルス」(13日、ミネアポリス)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場し、三回に復帰後6戦26打席目で初本塁打となる1号2ランを放つなど、3打数2安打2打点、2四球。本塁打は中堅やや左、飛距離131メートルだった。待望の一発が出た試合前には術後初めて投手としてのリハビリも実施。今季は封印する投球に「焦る必要はない。物足りないぐらいがちょうどいい」とのスタンスを明かした。

【写真】復帰初アーチは131メートル弾

 試合後の大谷との主な一問一答は以下の通り。

 ◇   ◇

 -試合前の投球プログラムで術後最長の110フィート(約34メートル)を投げた。もう少し延ばせるという気持ちは?

 「投球の方は焦る必要はないので、ゆっくりめのメニューを組んでますし、それで十分じゃないかなと思ってるので、物足りないぐらいがちょうどいいかなと思ってます」

 -試合に出ながら投手としてのリハビリをするのは術後初めて。体の反応は明日にならないと分からないが、現時点で並行してやっていけるという感触は?

 「そうですね、(復帰前に)ゲームではなかったですけど、実戦形式の練習では(両方を)普通にやっていたので、明日次第ですけど、特に問題なく迎えられれば全然いけると思ってます」

 -試合前に投球プログラム。アイシングなど体のケアはどうしているのか?

 「アイシングは基本的に反応がよく分からなかったりするのでしないようにはしてますね」

 -投打、両方やることでリズムは出てくるものか?

 「本来のリズムはこっち(投打一緒の練習)なので、普通に投げる練習もして、打つ練習もしてゲームに入るというのがスタンダードなので、リハビリだからと言って特に違和感はないと思います」

最終更新:5/14(火) 17:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事