ここから本文です

IIJ勝社長、ドコモの接続料5%減に「根拠が分からない」「透明化すべき」

5/14(火) 23:06配信

ITmedia Mobile

 IIJ(インターネットイニシアティブ)が5月14日、2019年3月期(2018年度)の連結業績について説明した。増収増益と好調を維持しており「IIJとしていいビジネスサイクルに入った」と勝栄二郎社長は評価する。

モバイルサービスの進展

 一方、2019年3月に発表されたドコモの接続料改定は、当初IIJが見込んでいた14%を大きく下回る5%の低減率だったため、想定よりもネットワーク原価が20.5億円上乗せされた。

 勝氏は「われわれの見立てが甘かったと言えばそうかもしれないが、過去の数字を見れば、去年(2018年)が-18.2%、2年前が-14.1%、3年前が-16.9%、その前が-23.5%だったので、見立てに根拠がないと言うこともない」との見方を示す。

 渡井昭久CFOは、2019年度の接続料の見立てについては、「従来の14%といった低減率を前提に置くのはアグレッシブすぎるので、1桁で想定するのが妥当」としている。

 MVNOが支払う接続料は、例えば2019年3月に決定したものは、2017年度の実績を元に算出されるため、MVNOが予測を立てて原価をシミュレーションしなければならない。渡井氏はこの仕組みについて「MVNO側として、接続料が決まるのは遅すぎると問題視している」と話す。総務省は、将来原価方式で接続料を算定することも検討しており、2020年度から導入する可能性もあることから、「後出しでのズレは回避できる」と同氏は期待を寄せる。

 KDDIの接続料は20%減だったことも受け、「キャリアによって需要のとらえ方、設備の打ち方のタイミングは違うので下がり方はまちまちだが、全体的なトラフィックは増加しているので、(ドコモの)5%減は低いという評価をしている」と渡井氏。

 過去の実績に基づいて接続料を算定する現行の実績原価方式は「一方的に通告されて適用される。いろいろな問題点を抱えている」と勝氏は指摘する。「ドコモの言い分は『需要が9%増えたから』。前年は10%増だったが、(今回の)9%の根拠が分からない。社内資料にはあると思うが、もう少し透明化する必要がある。(新料金プランの)4割下げをする中で、MVNOに対しても方向性を示していただきたい」と要望を述べた。

 なおIIJは、2019年3月25日のプレスリリースで「当社は、従前比低い低減率の定額通信料水準について詳細な確認が必要と認識しており、NTTドコモに対し情報開示要求等の対応及び協議をしてまいります」と述べている(参照※PDF)。

1/2ページ

最終更新:5/14(火) 23:06
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事