ここから本文です

トヨタ役員賞与2.7%増 19年3月期、好業績反映

5/14(火) 16:27配信

共同通信

 トヨタ自動車が、豊田章男社長ら6人の取締役に対する2019年3月期の役員賞与を前期比2.7%増の総額12億5700万円としたことが14日、分かった。1人当たり平均は2億950万円で、前期を550万円上回る。19年3月期連結売上高が国内企業で初めて30兆円を突破するなど好調な業績を反映した。

 社外取締役と退任者を含む計13人の賞与と役員報酬の総額は1.5%増の19億4500万円だった。6月13日に開く定時株主総会の招集通知に記載した。

 総会では取締役に対する報酬総額の上限を現在の年間40億円から70億円に引き上げることも提案する。

最終更新:5/14(火) 16:29
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事