ここから本文です

広島・安部 2点適時打で単独お立ち台も「裏でいろいろモメて…」

5/14(火) 22:24配信

デイリースポーツ

 「広島9-4ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

 試合の流れを引き寄せる2点適時打を放った広島・安部友裕内野手がお立ち台で戸惑いを口にした。

【写真】先制打を放ったのは鈴木誠也だった

 「僕、なんで一人でここに立ってるのか分からないんですよ。裏でいろいろモメて…」

 予期せぬ言葉に、赤く染まったスタンドはドッと沸いた。

 1点を追う五回。敵失で同点に追いつき、会沢の押し出し四球で勝ち越し。なお2死満塁の場面で打席へ。「覇気を出して何とか食らいついた」と、ハフからセンター返しの2点タイムリーを放ち、試合の流れをグッと引き寄せた。

 「結果的にそうなったのは、うれしい。あそこから優位に試合を運べて良かった」と笑みを浮かべながらも、チームでつかんだ勝利という思いが強かったのか、単独お立ち台に戸惑いと恐縮する気持ちがあったようだ。

 借金「8」のどん底を味わったチームは、ようやく貯金「2」まで盛り返してきた。モメた末にヒーローインタビューを任された安部は「やっと、ここまで、って感じですけど、選手は目の前の一戦一戦をやるだけ。貯金というより、全部勝つつもりで臨んでます」と最後は力強く語っていた。

 

最終更新:5/14(火) 22:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事