ここから本文です

広島 安部、勝利の流れ呼び込む2点打「気持ちで打ち返した」

5/14(火) 22:17配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島9―4ヤクルト(2019年5月14日 マツダ)

 広島が目まぐるしい試合展開を制し、5回に貴重な適時打を放った安部がお立ち台に立った。

 2度逆転され1点を追う5回、同点とした2死満塁で前の打者の会沢が勝ち越しの押し出し四球を選び、安部の打席。中前に2点適時打を放ってリードを3点に広げ勝利の流れを決定づけた。安部は「何とか(打ちたい)という気持ちで打席に入った。大きな声援をいただいていて、気持ちで打ち返した」とその場面を振り返った。

 その後試合はヤクルト打線が沈黙したのとは対照的に広島が7、8回に1点ずつを加え、終わってみれば5点差での快勝となった。安部は「(自分が打って)優位に運べたのは良かった。当たり前のことをやっただけ」と控えめだったが大きな一打となった。

 この日の勝利で貯金は今季最多の2。2位ヤクルトにも1ゲーム差と迫り、15日に勝てば2位タイに浮上する。安部は「目の前の試合を全力で全部勝つという気持ちで行く」と気合のこもった言葉で締めくくった。

最終更新:5/16(木) 16:03
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事