ここから本文です

3戦連続炎上…西武・高橋光、先発生き残りへ「ラストチャンス」

5/14(火) 11:52配信

西日本スポーツ

 西武の高橋光成投手(22)が、14日のソフトバンク戦(北九州)で先発生き残りのラストチャンスに挑む。3戦連続KOを食らい、崖っぷちの先発。「ラストチャンスだと思う。意識しすぎると力んでしまうので、自分のできることを丁寧にやるだけ」と意気込んだ。

【写真】高橋光、105キロに 日本人投手“最重量”ボディー

 4月21日のソフトバンク戦(メットライフドーム)で4回6失点と打ち込まれると、5月1日の日本ハム戦(同)でも3回途中5失点、地元群馬での8日のロッテ戦も6回7失点と炎上。小野投手コーチから「次がラストチャンス」と最後通告を突きつけられた。

 真っすぐで攻め込む投球スタイルを取り戻そうと、調整期間中は連日ブルペン入りしてきた。「感覚をしっかり戻したい。自分の投げたい球を優先して、悔いのないようにしたい」とサインに首を振ってでも自信のある球を投げ込むつもりだ。

 チームも福岡での開幕カードで3連敗。北九州、ヤフオクドームと続く3連戦でリベンジを狙う。先陣を切る右腕は「もう一度自分のやるべきこをやる」と背水の覚悟でマウンドに上がる。

西日本スポーツ

最終更新:5/14(火) 12:07
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事