ここから本文です

「幻の野菜」と「弁当」で 無印・銀座店が新提案

5/14(火) 12:03配信

テレ東プラス

今回は、シリーズ東京“新名所“ウォーズ第5弾「銀座を変える!新参者」を放送。銀座を舞台に、これまでにないアプローチで顧客獲得に奔走する企業の挑戦を追い、変わりゆく銀座の今を伝える。

無印良品が銀座店でこだわる「食」

東京・銀座に今、新しい顔が続々と登場している。生活雑貨のロフトなどがこぞって銀座に出店する中、今年4月「無印良品」が世界旗艦店をオープンさせた。

1980年に誕生した無印良品は、素材の風合いを生かしたシンプルな商品が人気。銀座店では約7000品目のすべてが揃う。店舗の上には、無印商品を使った日本初の「MUJI HOTEL GINZA」も。

しかし、銀座店の一番のウリは、意外にも「食」だという。オープンの約1か月前、東京・池袋にある無印良品の本社会議室に並べられていたのは、なんと弁当の試作品。銀座店では、無印で初めて弁当を販売するという。実は銀座エリアは「コンビニ過疎地」で、弁当を買う場所が少ない。かといって外食するのは割高。こんな「ランチ難民」に目を付けたのだ。日替わり弁当は750円で、鶏めし、すき焼き風など5種類を用意し、毎日食べても飽きないようにメニューを工夫している。

銀座店1階食品フロアの責任者・榊(※さかきの字は木へんに神)かおるさんは、以前は青果市場に勤めていた野菜の専門家。「無印良品は考え方がしっかりしているので、この考え方にのせて野菜や果物を売ってみたいという思いがある」と転職してきた理由を語る。

店の目玉商品を探すため、埼玉県の畑にやってきた榊さんは、普段はあまり目にしない“菜の花“に出合う。極上の味なのにほとんど流通しておらず、農家以外の人にはあまり知られていないという「幻の食材」。まさに銀座店の目玉商品にうってつけだと考えた。

オープン直前、榊さんが自分で選んだ野菜を次々店に並べていく。一番目立つ場所にはあの菜の花。チンゲン菜の菜の花や山東菜の菜の花など5種類を並べた。味だけでなく、菜の花が作られる環境や農家の想いをPOPに書いた。

1/2ページ

最終更新:5/14(火) 12:09
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事