ここから本文です

資産運用は続けることがポイントであるワケ

5/14(火) 19:45配信

ファイナンシャルフィールド

積立投資をしていて、利益が出ると売却して利益を確定したくなるかもしれません。とくに初心者なら、利益が出ると嬉しくなり、早く利益を確定させたほうが良いのではないかと思うこともあるでしょう。しかし、利益確定は基本的には不要です。

利益を確定するタイミングが難しい

資金が必要になった場合を除き、積立中の資金を売却することは、基本的には考えなくても良いでしょう。なぜなら、その時が売却のベストタイミングかどうかは、分からないからです。

利益を大きくするためには、買ったときよりも、より高い価格で売ることです。しかし、今が高い価格かどうかは、誰も分かりません。その後、価格は下がり続けるかもしれませんが、上がり続けるかもしれません。そのタイミングは、プロでも見極めるのが難しいものです。

「あの時が売り時だった」と分かるのは、その時が過ぎて、はじめて分かることです。ですから、利益確定は基本的に行わなくても良いでしょう。

なお、資金が必要になった場合とは、その資金で何かを購入するときです。例えば、老後が近づき生活費にあてたい、家のリフォームや子どもの進学費用が必要になった。あるいは、別のもっと良い投資先が見つかり、運用中のお金をまわしたい、などが考えられます。

複利の効果を活用できない

複利とは、利益が出たときに利益を元金に組み入れ、また運用することです。利益をさらに運用することで、利益が利益を生み出します。つまり、複利の効果は、お金が自動的に増える仕組みなのです。

例えば、100万円を運用し、1年間の利回りが10%だったとすると110万円になります。そして110万円を運用して、また10%の利回りだったなら121万円になります。

さらに、121万円を運用して、10%の利回りだったなら133万円になります。1年間に得られる利益の額は、10万円、11万円、12万円と、年数が経過するにつれ、大きくなっています。

つまり、利益が利益を生むと、雪だるま式に利益が増えていくということです。しかし、これは、毎年同じリターンを得られた場合のシミュレーションです。

現実的には、積立投資で毎年一定の利益を得られ続けることは、ありえません。ですから、利益が順調に雪だるま式に増えていくことはないでしょう。

しかし、複利の効果がなくなるわけではありませんし、長期運用で利益が安定してくると、複利の効果は大きな力を発揮します。その効果は、長期であればあるほど大きいですから、利益確定せず、運用し続けることが資産を増やす法則と言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/14(火) 19:45
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事