ここから本文です

海自艇から部品が落下か 岩国-大村往復飛行中

5/14(火) 14:50配信

西日本新聞

 海上自衛隊第22航空群司令部(長崎県大村市)は14日、岩国飛行場(山口県岩国市)から大村飛行場(大村市)までを13日に往復した救難飛行艇「US2」が部品を紛失し、飛行中に落下した可能性があると発表した。

 飛行艇が所属する岩国航空基地によると、部品は左翼エンジンの消火センサーの一部で、直径2・2センチ、厚さ0・8ミリ、重さ0・5グラム未満の合成樹脂製。往路は大分、熊本の上空、復路は長崎県佐世保市や福岡市、北九州市の上空を飛行した。けが人などの被害情報は入っていない。

西日本新聞社

最終更新:5/14(火) 14:50
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい