ここから本文です

地元の特産品に関心を 中学生がナシの摘果に挑戦/富山

5/14(火) 13:30配信

チューリップテレビ

 「呉羽梨」の産地で知られる富山市吉作では、地元の中学生がナシの摘果作業を体験しました。
 14日は呉羽中学校の1年生およそ200人が富山市吉作の土池仁一さんの梨畑で摘果作業を体験しました。

 これは、地元の特産品である「呉羽梨」への関心を高め農業への理解を深めてもらおうと市の「担い手育成総合支援協議会」が毎年行っているものです。
 摘果は1か所に複数実る果実を1つにしぼる作業で、形がいびつなものや小さいもの、キズがある実を落とします。
 生徒たちは、互いに話し合いながらどの実を残すか見極め、丁寧にはさみを入れていました。
 生徒たちは8月下旬に同じ畑で収穫作業も体験します。

チューリップテレビ

最終更新:5/14(火) 13:30
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ