ここから本文です

新幹線の運賃割り引きで 北陸へもっと修学旅行を/富山

5/14(火) 19:51配信

チューリップテレビ

 北陸新幹線を利用した修学旅行の誘致で、新たな取り組みが始まりました。

 JRが指定する列車を利用した修学旅行について、運賃を割り引く、『連合体輸送』が、北陸新幹線で初めて行われました。
 新高岡駅に到着したのは、千葉市立大宮中学校の3年生54人です。
 北陸新幹線で初の「連合体輸送制度」を使い、2泊3日の修学旅行に訪れました。
 これは、北陸3県やJR西日本が協力し、首都圏からの修学旅行誘致に取り組むプロジェクトの一環で、改札口では3県のマスコットキャラクターも、修学旅行生を出迎えました。
 「連合体輸送」とは、JRが指定する列車を利用し修学旅行した場合、運賃や特急料金を割り引く制度で、学校側の費用の軽減になるだけでなく、JRにとっても、修学旅行が一時期に集中するのを避けることができます。
 大宮中学校の場合、東京から新高岡駅まで「連合体輸送」を利用した往復運賃・料金は1万3580円で、一般の学生団体で同じ区間を利用するより6780円安くなります。
 県によると今年度は首都圏の中学校13校が連合体輸送を利用するということです。

チューリップテレビ

最終更新:5/14(火) 19:51
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事