ここから本文です

リボ払いは危険!浪費癖が治らない人の原因と節約術

5/14(火) 18:00配信

LIMO

「なかなかお金が貯まらないのはなぜだろう」と首をかしげている人も多いのではないでしょうか。その原因が分からないままだと、それに合った対処ができないままの状態になってしまいます。なかでも、リボ払いをしている人は要注意。その理由もあわせてチェックしていきましょう。

浪費癖が治らない人が今すぐやるべき節約術

ついお金を使いすぎていると、お金は一向に貯まりません。浪費癖が身に付いてしまっている方は、次のような節約術で支出を抑えておきましょう。

 財布の中の金額は1週間でリセット

まずは、1週間に使う金額を決めておきましょう。そのお金を財布の中に入れておき、月曜日の朝になったら金額をリセットします。これを繰り返していると、そのお金だけで生活する習慣が身に付き、自然と節約意識も芽生えるでしょう。

 その場の勢いで買わない

欲しいと思った瞬間にものを買ってばかりいると、いつまで経ってもお金が貯まらないままです。なんでも即決してしまう方は、お金を使う前に「本当に必要なものなのか」と考える癖を付けましょう。買う・買わないだけでなく、「別のもので代用できないか」「よりお得に買う方法はないか」といった点を考えるのもポイントです。

 クレジットカードの利用をやめてみる

財布の中の金額を決めているのに、クレジットカードで手元にないお金を使っては節約になりません。そこで、クレジットカードの利用を一旦ストップしてしまいましょう。締め日の関係で翌月~翌々月に請求が来るため、請求額が0円になるまでの2カ月間は最低でも使用しないことがポイントです。

 ブランド・大手思考をやめる

新しい商品を買う際、ついブランドや大手のものを選んではいませんか? そこまで知られていない会社の商品でも、質のいい製品やサービスはたくさんあります。「なんとなく有名なメーカーがいい」「ブランドもののほうが安心」というだけの理由で判断するのではなく、自分に必要な機能やサービスが揃っているかを基準に考えてみましょう。

1/2ページ

最終更新:5/14(火) 18:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事