ここから本文です

園児ら16人死傷「前よく見ず右折した」と供述

5/14(火) 20:35配信

読売新聞

 大津市の交差点で今月8日、散歩中の保育園児ら16人が車の衝突に巻き込まれて死傷した事故で、滋賀県警は、交差点を右折していた乗用車側の前方不注意が事故原因とみて、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で捜査している。

 現場の県道丁字路では8日、右折した女(52)(現行犯逮捕)運転の乗用車と、対向車線を走行してきた女性(62)(逮捕後に釈放)の軽乗用車が衝突。軽乗用車が弾みで園児らに突っ込んだ。

 女は「前をよく見ずに右折した」と供述し、女性は「乗用車が急に曲がってきた」と話している。衝突から事故までは1秒足らずで、県警は女性が事故を回避するのは困難だったとみている。

 事故では男児と女児の計2人が死亡し、男児1人が重体。重軽傷を負った13人のうち9人(園児8人、保育士1人)が入院し、14日までに4人(園児3人、保育士1人)が退院した。

 県と県警、大津市は14日、現場の合同点検を実施。今後、安全対策を検討する。

最終更新:5/17(金) 0:20
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事