ここから本文です

三浦春馬、愛する娘を救うため逃亡犯に 7月期タイムリミットサスペンス主演

5/14(火) 6:00配信

クランクイン!

 俳優の三浦春馬が、7月にスタートする新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めることが明らかになった。殺人のぬれぎぬを着せられた主人公・結城大地(三浦)が白血病の娘を救うため逃亡する2週間のタイムリミットサスペンスで、三浦は“火9ドラマ”初主演となる。

【写真】三浦春馬主演『TWO WEEKS』フォトギャラリー


 結城は殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8歳になるその娘が白血病であることを告げられる。

 突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなに父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じる…。

 結城は“退廃的な生き方”と、本来持っていたはずの“情に厚い人間らしさ”の微妙なバランスが求められる役どころ。逃亡の中で次第に父親として心の成長を遂げていく姿を、30歳の節目を前にした三浦が新たな挑戦として演じる。

 三浦は脚本を読んだ感想を「今まで存在を知らなかった娘のために命をかけて2週間奮闘するという、すごくシンプルだけど、強い思いが込められています。また、回を追っていくごとに主人公の過去や登場人物たちの隠されたつながりが、スリリングな展開で明らかになっていくので、本当に魅力的な作品だという印象を受けました」と明かす。

 さらに「自分の子どもと接する役どころは今まで演じたことがなかったので、初めてこういう役を演じることになる新鮮さや、自分がこのキャラクターをどう『生きる』のかというところにすごく興味があります」と話す三浦。「結城の父性愛がどう芽生え、どう大きく膨らんでいくのかということを、しっかりスタッフやキャストの皆さんと一緒に考えていきたいです。そして、驚きなのか愛情なのか、娘のはなちゃんとのシーンで自分の中に何が沸き起こるのか。今から楽しみですね!」と意気込んでいる。

 ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月より毎週火曜21時放送。

最終更新:5/14(火) 16:55
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事