ここから本文です

謎めいた男たちに痺れる『レザボア・ドッグス』ほか…“スタイリッシュな犯罪映画”4選!

5/14(火) 19:15配信

Movie Walker

2004年にアメリカで発生した窃盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』(5月17日公開)。俳優が演じるドラマパートと実際に事件を起こした犯人が登場するドキュメントパートで構成される独創的なシナリオや、劇中で名作『レザボア・ドッグス』(91)が引用されていることでも話題を呼んでいる。本作の公開を機に、先の読めない展開やスタイリッシュな演出が魅力の犯罪映画を紹介したい。

【写真を見る】『X-MEN』シリーズのクイックシルバーが大学生強盗チームの一人に!

■ 裏切り者を巡る男たちの駆け引きがクールな『レザボア・ドッグス』

『アメリカン・アニマルズ』の劇中でも、登場人物たちが参考にする犯罪映画として登場するのが、今やハリウッドを代表する監督となったクエンティン・タランティーノのデビュー作『レザボア・ドッグス』だ。宝石強盗のために集まった6人の男たち。黒のスーツに身を包み、コードネームで呼び合うだけでお互いの素性を知らない彼らは盗みを実行するが、計画を把握していた警察の介入によりMr.ホワイトとMr.オレンジは命からがらアジトへ戻ってくる。そこへMr.ピンクが現れ“6人の中に裏切り者がいる”と主張し始め…。

当時若干28歳のタランティーノが、俳優のハーヴェイ・カイテルのサポートを受けて製作費90万ドルで完成させたこのインディペンデント映画は、裏切り者をあぶり出すための男たちの駆け引きや物語の時間軸を自在に操る大胆で緻密な構成が高い評価を受け、監督デビュー作ながらカンヌ国際映画祭へ正式出品された。また凄惨な暴力描写や60~70年代のヒットソングを効果的に使用した演出も映画ファンの熱狂的な支持を集め、多くのフォロワーを生み出している。

■ 豪華ハリウッドスター共演の痛快エンタメ作『オーシャンズ11』

1960年公開の『オーシャンと十一人の仲間』をスティーブン・ソダーバーグ監督がリメイクし、ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットといったハリウッドスターたちが勢ぞろいしたのが『オーシャンズ11』(01)だ。凄腕の泥棒で詐欺師のダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が、犯罪のエキスパートたちとチームを組み、カジノの金庫破りに挑む姿を描いた痛快作!

クルーニーやピットのほか、マット・デイモンにジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシアといったスター俳優が顔を揃え、丁々発止のやりとりを繰り広げる。また暴力描写を排し、犯罪計画を実行に移す過程や金庫破りをスリリングに描くことで幅広い年代が楽しめる娯楽作品として仕上げられている。本作はシリーズ化され、『オーシャンズ12』(04)『オーシャンズ13』(07)、そして昨年はサンドラ・ブロックを主演に『オーシャンズ8』が公開された。

■ 先読みできない展開が秀逸なドイツ映画『ピエロがお前を嘲笑う』

青年ハッカーという現代的なモチーフを取り入れたのが、ドイツの犯罪サスペンス映画『ピエロがお前を嘲笑う』(14)。コンピューターに精通し、並外れたハッキング技術を持つベンヤミンは、野心家のマックスと出会い“CLAY(クレイ)”と名乗るハッカー集団を結成。ベンヤミンたちはドイツ国内の管理システムを手当たり次第にハッキングし世間を混乱させるが、ある日彼が不用意に仕掛けたハッキングが殺人事件に発展してしまい…。

警察で取り調べを受けるベンヤミンの語り口から始まる本作。仮想空間であるWeb上のやり取りを地下鉄に見立てて表現するといった斬新な演出や、全編に散りばめられたトリックが秀逸で、最後の最後まで結末が予測できない。本国ドイツで大ヒットを記録し、ハリウッドでのリメイクも決定している。

■ 日常に退屈した大学生4人が強盗に挑む『アメリカン・アニマルズ』

これらの犯罪映画の名作に続きそうなのが『アメリカン・アニマルズ』だ。物語の主人公はくだらない日常に風穴を空けたいと願うごく普通の大学生4人。彼らは大学の図書館に貯蔵されている時価1200万ドルのジョン・ジェームズ・オーデュボンの画集「アメリカの鳥類」を盗みだそうと企てる。

犯罪グループを演じるのは、『X-MEN』シリーズでクイックシルバーを演じるエヴァン・ピーターズや『ダンケルク』(17)や『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(17)などに出演のバリー・コーガンといった、今後の活躍にも注目の若手俳優たち。アメリカ犯罪史上最も大胆不敵な強盗に突き進む4人の結末にハラハラする一方で、『レザボア・ドッグス』に習って互いをコードネームで呼び合ったり、“特別な人間になりたい”と願う若者の焦燥感や不安定な感情に思わず共感させられる青春ドラマにもなっている。

いずれの作品も、思わず手に汗を握る快作ぞろい!二転三転するストーリーやサスペンスフルな展開を楽しんでほしい。(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:5/14(火) 19:17
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事