ここから本文です

【MLB】大谷翔平、お待たせ復活1号! 3度目マルチ&2打点で勝利貢献、打点あげれば4戦全勝

5/14(火) 11:55配信

Full-Count

1点を追う3回の第2打席で飛距離130メートル超の特大逆転2ランを放つ

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦で復帰後初本塁打となる逆転の1号2ランを放った。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場。1点差で迎えた3回の第2打席で、復帰7戦目、26打席目で中堅左へアーチをかけた。9回の第5打席でも右前安打を放ち、この日、3打数2安打1本塁打2打点とチームに貢献。エンゼルスも接戦を制し、これで大谷が出場した6試合は5勝1敗、打点をあげた4試合は全勝となった。

【動画】今季初「ビッグフライ!オオタニさん!!!」 大谷翔平が放った特大の今季1号のその瞬間!!!

 2試合ぶりにスタメンに名を連ねた大谷。初回の第1打席は四球を選ぶと、3回、1点を返してなおも無死三塁のチャンスで立った第2打席で、ついに待ちに待った一発が飛び出した。3ボール1ストライクからの5球目。ツインズのエース右腕ベリオスが投じた、真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は快音を響かせ、ミネソタの夕空に舞い上がった。

 中堅バックスクリーン左、上部にあるボードを直撃する特大の逆転2ラン。昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来、229日ぶりの一発は逆転の1号2ランとなった。この一発、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発となった。

 4回の第3打席は二ゴロ併殺打、6回の第4打席は四球を選んだ大谷。9回にも、先頭打者としてこの日の第5打席に立つと、左腕のロジャースとの対戦に。1ボール1ストライクからの3球目をはじき返すと、右翼線への安打となり、今季3度目のマルチ安打を記録した。大谷はこの日今季初本塁打を含む3打数2安打1本塁打2打点2四球で4打席で出塁した。

 エンゼルスは初回、先発のスカッグスがポランコに2ランを浴びて2点を許したが、3回にトラウトの右前安打に相手の失策が絡んで1点を返し、大谷が逆転2ラン。5回にプホルスの適時打で1点を追加した。その裏にゴンザレスの2ランで同点とされたが、その直後の6回にラステラの10号ソロで勝ち越しに成功した。その後は投手陣が踏ん張ってリードを守り、接戦を制して借金を1に減らした。

Full-Count編集部

最終更新:5/14(火) 19:02
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 14:25

あなたにおすすめの記事