ここから本文です

【MLB】「僕たちは彼の復帰を待っていた」大谷翔平の特大復活弾にエンゼルス同僚も歓喜

5/14(火) 21:47配信

Full-Count

大谷、トラウトの前を打つラステラがAP通信に語る「彼がラインナップにいる時は…」

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

 13日(日本時間14日)に敵地で行われたツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場すると、1点差で迎えた3回の第2打席、復帰26打席目で待望の一発が飛び出した。

【動画】今季初「ビッグフライ!オオタニさん!!!」 大谷翔平が放った特大の今季1号のその瞬間!!!

 229日ぶりの一発は、大谷らしく中堅から逆方向へ運ぶ特大弾だった。3回無死三塁のチャンスでこの日の2打席目に入ると、3ボール1ストライクからの5球目。ツインズのエース右腕ベリオスが投じた、真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は快音を響かせて舞い上がった。左中間スタンド上部にあるビジョンを直撃。打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発だった。

 大谷は9回の第5打席にも右前安打を放ち、今季3度目のマルチ安打を記録。この日は3打数2安打1本塁打2打点、2つの四球を選んで4度出塁した。待望の今季1号。エンゼルスのチームメートからも、大谷の復活弾を喜ぶ声が上がった。

「オオタニがシーズン第一号を放ち、5-4でエンゼルスがツインズに勝利」として、この日の試合をレポートしたのはAP通信だった。この記事では、大谷とメジャーNo1打者であるトラウトの前を打つトミー・ラステラ内野手のコメントを紹介し、ラステラは「僕たちは彼の復帰をずっと待っていたんだよ。彼がラインナップにいるときは、(大谷不在時と比べて)どれほどの違いがあるかわかると思うよ」とコメントしている。

 エンゼルスは大谷が復帰し、試合に出場した6試合で5勝1敗。大谷が打点をあげれば、4戦4勝と明らかに“効果”が発揮されている。チームメートたちも認めるその存在の大きさ。大谷がエンゼルスで果たす役割は大きいようだ。

Full-Count編集部=AP

最終更新:5/14(火) 21:47
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事