ここから本文です

京マチ子さん死去 95歳 「羅生門」「雨月物語」

5/15(水) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 映画「羅生門」「雨月物語」などで、生命感にあふれ、あでやかな女性を演じた俳優の京マチ子(きょう・まちこ、本名矢野元子<やの・もとこ>)さんが12日、心不全のため東京都内で死去した。95歳だった。所属事務所によると、生前に親交のあった演出家の石井ふく子さんら数人が参列し14日に密葬を行った。お別れの会の予定はないという。

 大阪市生まれ。小学校卒業後に大阪松竹少女歌劇団に入り、戦後、レビューダンサーとして人気スターに。大映の誘いで1949年に映画界へ移る。
 同年「痴人の愛」の自由奔放な女性ナオミ役で注目され、翌年の黒澤明監督「羅生門」では、神々しさと強烈な自己主張を持つ武士の妻役で、白熱の演技を見せた。…… 本文:1,324文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/15(水) 5:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事