ここから本文です

“モンスターコース”でのメジャー第2戦 松山英樹の期待と不安

5/15(水) 9:37配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 事前(14日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

【画像】女子プロレスキュー

7年連続7度目の出場となる松山英樹は、開幕2日前に初めて練習ラウンドを行い、18ホールを回った。「ショットは悪くないけど、日増しに良くなっているわけでもない」。期待と不安が入り混じる中で、今季メジャー第2戦を迎える。

移動翌日だった前日はパット練習で調整を終えた。この日は午前10時前に1番ティから出ると、前の組の混雑もあり、6時間かけてコースをチェックした。同会場は予選落ちした2016年「ザ・バークレイズ」(現ザ・ノーザントラスト)以来。「正確性がないと攻略できない。ミスを少なくしていかないと」とポイントを挙げた。

激しいアップダウンで、打ち上げホールは数字以上に難しい。500ydを超すパー4は3つ。粘り気の強いラフには癖があるポアナ芝が混じる。同コースで開催された2002年「全米オープン」は全盛期のタイガー・ウッズが通算3アンダーで優勝したが、それが唯一のアンダーパーだった。当時も“モンスターコース”と表現された。

前週「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」で横幅の広いフェアウェイをプレーした松山は「(今週は)3分の1くらいの狭さ」といい、さらに「ここまで深いラフも久々。ミスは出ると思う。ラフに入れるとレイアップか、グリーン周りまで持っていくかになる。まずはティショットを真っ直ぐ打つ能力に、曲げながらもフェアウェイに置く技術(が必要)」と警戒心を強める。

4月の「マスターズ」を終えて一時帰国を挟んで3連戦目となる。直近2試合はいずれも決勝に残りながら上位争いには絡めなかった。自身の状態は「成績が物語っている」。ショットの好感触をつかむラウンドもあれば、その逆もある。PGAツアーが上位20人まで発表する公式パワーランキングではフランチェスコ・モリナリ(イタリア)に次ぐ19番手だった。

「少しずつは、良くなっているとは思う。自分に対する期待と、不安な部分がある」。27度目のメジャー挑戦に向け、最終調整に入る。(ニューヨーク州ファミングデール/林洋平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事