ここから本文です

「天声人語 2019年5月15日」

5/15(水) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 映画界に入ってまもない京マチ子さんは、鏡を見てため息をついた。「私の眉毛は太すぎて時代劇に向かない」。舞台ならごまかせるが、顔が大写しになる映画では難しい。意を決して自ら眉をそり落として臨んだのが「羅生門」である。その熱意にさしもの黒澤明監督も驚いた▼大阪市の生まれ。3歳で両親が離別し、さびしい日々を送る。少女歌劇の世界にあこがれ、ダンスチームの一員として舞台に立った。2度の空襲で焼け出されるも、なんとか終戦を迎えた▼出世作は、谷崎潤一郎原作の「痴人の愛」。カフェで働く15歳の少女ナオミが、自分を調教しようとする男性を逆に翻弄(ほんろう)していく。…… 本文:624文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/15(水) 7:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事