ここから本文です

3連覇かかる鈴木愛は年下二人と同組 先週棄権の勝みなみは“黄金世代”グルーピング

5/15(水) 12:46配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ほけんの窓口レディース 事前情報◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6292ヤード・パー72)>

今週は不在… シンデレラガール・渋野日向子の最新ドライバーショット【連続写真】

今季初メジャーも終わり国内女子ツアーは福岡へと舞台を移し、17(金)日から3日間の日程で「ほけんの窓口レディース」が行われる。ツアー屈指の高額賞金を誇る戦いを前に15日(水)、初日の組み合わせが発表された。

大会3連覇のかかる鈴木愛は、松田鈴英、新垣比菜という年下二人とのグルーピング。交通事故による腰痛、「パナソニックオープンレディース」で痛めた左手首痛が気になるところだが、まずは出場できる状態にして、ホープ二人との初日にいい滑り出しといきたい。

本大会で過去2勝のイ・ボミ(韓国)は比嘉真美子、アマチュアの佐渡山理莉と同組。好相性の地で復活のきっかけを掴みたいところ。セクシークイーンことアン・シネ(韓国)は堀琴音、酒井美紀と10番ティからスタートする。

賞金ランキング1位を走る16年大会覇者の申ジエ(韓国)は柏原明日架、アマチュアの後藤未有とティオフ。また「ヤマハレディース」終了後、首の手術を行いここまで出場のなかったアン・ソンジュ(韓国)は今大会で復帰予定。渡邉彩香、永井花奈と同じ組に入った。

その他、先週のメジャーを体調不良により欠場した上田桃子は原英莉花、河本結の二人と、先週2日目に棄権した勝みなみは吉本ひかる、小祝さくらと“黄金世代”3人でティオフする。

なお、先週の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で優勝した“黄金世代”のルーキー・渋野日向子は今大会には出場しない。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/15(水) 12:46
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事