ここから本文です

【ONE】王者・青木真也、2連続KOのリーとの対戦に「今が一番いい時期」

5/15(水) 13:44配信

イーファイト

 5月17日(金・現地時間)にシンガポール・インドアスタジアムにて開催される『ONE:Enter the Dragon』の公開記者会見が14日、同地のマリナ・ベイサンズで行われた。

【フォト】鉄槌の連打で徳留からTKOを奪うクリスチャン・リー

 今大会のメインイベント「ONE世界ライト級タイトルマッチ」で激突する、王者・青木真也(35=イヴォルブMMA)と挑戦者・クリスチャン・リー(20=イヴォルブMMA)が会見に出席して意気込みを語った。

 青木は2012年10月からONEに参戦し、2013年4月に第2代ONE世界ライト級王座に就くと2度の王座防衛に成功したが、2016年11月の3度目の防衛戦でエドゥアルド・フォラヤン(35=フィリピン)に敗れ王座陥落。しかし今年3月31日、ONE初の日本大会でフォラヤンと再戦し、1R2分34秒、肩固めで一本勝ちして王座を奪回した。今回が初防衛戦となる。

 対戦に際し青木は「単純に勝ちたいです。勝って格闘技をまた続けたいと思います」と短く挨拶。なぜクリスチャンとの対戦を望んだのかという質問には「私がクリスチャンを(防衛戦の相手として)指名したのは、彼がアジアの中だけではなく、世界でベストだと思いました。彼は、ハングリーで危険な相手です。でも、今が1番対戦するのにいい時期だと思います」と昨年11月には徳留一樹、今年1月にはエドワード・ケリーに1RKO勝利を収めているリーを迎える心境を改めて語る。

 さらに「彼とは過去に一緒に練習もしていてお互いのことはよく知っています。彼はとても強く、速く、そして爆発力もあります。私たちのファイトスタイルは噛み合うし、(この試合は)私にとっても良いチャレンジになります」という。

 対するリーはONE世界女子アトム級王者アンジェラ・リーの弟で、2013年FILA世界選手権でブラジリアン柔術、パンクレーション、総合格闘技、サブミッショングラップリングの5部門で優勝。2015年12月にONEでプロデビューを果たし、現在まで11勝3敗の戦績。11勝のうちKOが7勝、関節・絞め技による一本勝ちが4勝と勝利した試合は全てフィニッシュしている。

 リーはコメントを求められると「シンヤと僕はチームメイトであり友達だ。でも、僕らは真のマーシャルアーティストなんだ。リングに入れば感情を捨てる。それは技術と気持ちの競争だ。どちらが良いファイターなのか、証明するだけだ。私は経験や今までより強くなったところを全て出し切るつもりだ」と抱負を語った。

 またONEウェルター級コズモ・アレッシャンドリ(ブラジル)と対戦するONE初参戦のセージ・ノースカット(アメリカ)は以下のようにコメントした。

「私はONEが素晴らしく、みんなが熱狂する大会だと思う。正直言って、コズモ・アレッシャンドリは弱点が見当たらない。彼はベテランでとても危険なファイターだ。そして私は彼を尊敬している。この試合のためにハードな練習を積んできたので、金曜日は期待してほしい」と力強くコメントした。

最終更新:5/15(水) 16:46
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事