ここから本文です

無銭宿泊約18万円支払わず…中学教師と無職男 余罪10件以上か 北海道

5/15(水) 17:24配信

北海道ニュースUHB

 北海道登別市の温泉ホテルに宿泊しながら代金約18万円を払わなかったとして、中学校教師の男らが5月15日までに逮捕・送検されました。

 詐欺の疑いで送検されたのは、上川町の中学校教師・庄司一輝容疑者(29)と住所不定、無職・阿部直人容疑者(43)です。

 2人は4月30日から5月3日まで、登別市の温泉ホテルに偽名を使って宿泊し、宿泊代金とエステ代や土産代約18万円分を支払わなかった疑いが持たれています。

 2人は2日、「水族館を見てくる」とフロントに伝えて外出し、戻りませんでした。

 2人は過去にインターネットで知り合ったということです。

 調べに対し阿部容疑者は「タダで高級なホテルに泊まり、相手の気を引きたかった」とし、庄司容疑者は「カネがないことは知っていたが、気分が良かった」と容疑を認めています。

 また、2人は「今年3月に定山渓などで10件以上やった」とも話していて、警察が余罪を追及しています。

UHB 北海道文化放送

最終更新:5/16(木) 18:20
北海道ニュースUHB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事