ここから本文です

日本ツアー2年目の覚醒!ステップ記録3連勝を狙うスカパンが首位発進

5/15(水) 17:46配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<静ヒルズレディース 森ビルカップ 初日◇15日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県) ◇6444ヤード・パー72>

首位スカパン&2位高木萌衣が互いのプレーを称えて抱擁…静ヒルズレディース 森ビルカップ 初日LIVE写真館

国内女子ステップ・アップ・ツアー第4戦「静ヒルズレディース 森ビルカップ」初日。第2戦「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」、第3戦「九州みらい建設グループレディース」と現在ステップ2連勝中のヌック・スカパン(タイ)が7アンダー・単独首位発進を決めた。

前半9ホールで6バーディ・ノーボギー。ロケットスタートを見せると、後半11番、14番でも伸ばし8アンダーに。終盤の17番パー4でこの日初ボギーを喫するも、「65」でのホールアウトとなった。

試合後には「今日は、自分にプレッシャーをかけずにやっていました。でも最後のほうはトータルスコアを考えてしまいましたね。明日はもっとクリアな思考でプレーしたいと思います」と、終盤のボギーには反省も、ステップ賞金ランキングを引っ張る存在として表情からも好調が伝わってくる。

2018年シーズンは、ステップ17試合出場で年間トップ10回数は5度。賞金ランキングは19位(4,741,500円)だったが、昨年以上の成績を目標に挑んだ今シーズンは覚醒の年に。今季3試合出場ですでに900万を稼ぎだしている。

昨年のスタッツを見ても、平均バーディ数(1ラウンド当たり)で全体3位と、スコアを伸ばせる可能性を秘めた選手だったが、「スイングとメンタル面が成長していると思います。もともと日本食や文化が大好きなので、生活面では問題なかったですが、(昨年ステップを経験し)日本のコースはタイトなので、慣れるのに時間がかかりました。タイに帰ったときに、ショットを曲げない練習を入念にこころがけてきました」と対策を練ってきた成果がでているようだ。

今大会で勝利を挙げれば、ステップの連勝新記録。今季3度目の微笑みの国出身らしいスマイルは見られるか。(文・標英俊)

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/15(水) 18:25
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事