ここから本文です

西村京太郎先生もビックリな時刻表トリックがあるなんて! 西武の「GW限定運行Laview」を楽しむ:パート2

5/15(水) 11:00配信

ねとらぼ

Laview「むさし90号」 所沢から新宿線の線路をまたいで「池袋線」へ

<前回は新宿線初運行となった連休限定Laview「むさし90号」に乗車し、Laviewの車内とめまぐるしく変わる車窓を楽しみました。今回は連休限定運行Laviewの後半、所沢から飯能までの池袋線ルートを満喫します>

【画像】あ、西村京太郎先生もビックリな時刻表トリックが……!

 連休限定運行Laviewは、所沢駅の手前で分岐器を左へ、左へと移って、池袋線の4番線に入りました。同じホームの反対側、5番線に池袋発の飯能行き急行が停車中。こちらの発車を待たずに出発していきました。Laviewは1分後に追いかけます。先行する急行はここから先、各駅に停まって飯能着は13時48分。後を追うLaviewは13時51分着の予定。つまり先行列車を追い越さないので、以降のLaviewの速度は控えめかもしれません。しかし居心地のよい座席に座って、大きな窓を眺めると車窓の迫力を感じます。

 所沢駅を発車すると上り勾配になり、西武新宿線の線路をまたぎます。再び大きな右カーブ。所沢の市街地を走ります。見どころは車窓左側に現れる小手指車両基地。Laviewの報道公開、試乗会が行われた場所です。10両編成の電車がタテに3編成も入る、長くて大きな車両基地です。今日は休日でラッシュ時間帯ではないせいか、電車がたくさんいます。西武鉄道の歴代車両の他、相互直通先の東急東横線の電車もありますね。

 おや。Laviewが1編成、留置されています。今日は定期運行でA編成が使われているはず。この臨時列車はB編成です。と、いうことは……!! 大急ぎでデジカメで撮影した後、拡大して車両番号を確認しました。「C編成」です。早くも3本目のLaviewがメーカーから到着していました。西武鉄道は2019年6月10日から、新たに3往復の特急をLaviewに置き換える予定ですからね。

 ほぼ直線で市街地を走ると、車窓左側に見通しの良い空間が現れます。滑走路が見えます。ここは航空自衛隊入間基地。西武新宿線の車窓からも見えた基地で、そのちょうど反対側に来ました。西武池袋線と西武新宿線は、入間基地を挟んでいます。そのくらい近い。Googleマップで距離を測定したら、もっとも接近している場所で約1.24キロでした。

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 11:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事