ここから本文です

ほぼベゼルレスでポップアップカメラのハイエンド「OnePlus 7 Pro」、669ドルから

5/15(水) 10:40配信

ITmedia Mobile

 中国のスマートフォンメーカーOnePlusは5月14日(現地時間)、ニューヨークで開催のイベントで新フラグシップスマートフォン「OnePlus 7 Pro」を発表した。米国などで17日に発売する。価格はメモリ6GB・ストレージ128GBで669ドル(約7万3400円)から。

ポップアップカメラ

 目を引くのは6.67型でほぼベゼルレスなディスプレイ。リフレッシュレート90HzのQHD+(解像度3120×1440ピクセル、516ppi)の有機ELでHDR 10+だ。

 このベゼルレスディスプレイは、ディスプレイ内指紋認証センサーとポップアップするセルフィー用のインカメラで実現した。指紋認証センサーは先代の「OnePlus 6T」のものより1.1ミリ大きくなり、反応は2倍速くなったという。

 ポップアップカメラは1600万画素で、30万回使っても壊れない設計。

 アウトカメラは4800万画素のメイン(ソニーのIMX 586)、1600万画素の広角、800万画素の望遠の3台が縦に並ぶ。

 この他の主なスペックは、OSはAndroid 9 Pieベースの「OxygenOS 9」、プロセッサはQualcommのSnapdragon 855、GPUはAdreno 640、メモリは6/8/12GB、ストレージは128/256GB(microSDスロットはなし)。バッテリーは4000mAhでポートはUSB Type-C(3.5mmのオーディオジャックは非搭載)。サイズは162.6×75.9×8.8mmで重さは206gだ。色はMirror Grey、Almond、Nebula Blueの3色。

 米国の他、中国、インドなど幾つかの地域でも発売する計画だ。日本で発売されるかどうかは不明。

ITmedia Mobile

最終更新:5/15(水) 10:40
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事