ここから本文です

読売テレビ不適切放送で激怒のコメンテーター“クビ”を否定「能動的にかかわる」

5/15(水) 18:17配信

デイリースポーツ

 性別を探る企画が問題になった読売テレビの夕方のニュース番組「かんさい情報ネット ten.」(月~金曜、後4・47、関西ローカル)で15日、「5月10日放送の問題について」として、あらためてなぜ放送に至ったのかを約20分にわたり検証、謝罪した。検証には「許しがたい人権感覚の欠如。よくこんなもん放送できるね」と激怒したコメンテーターで作家の若一光司氏も、騒動後初出演。番組からの“クビ”を否定し、今後も「能動的に関わっていく」と語った。

【写真】辛坊キャスターが暴走予告か

 若一氏は「私は番組が始まったときから関わってきた。単に出演曜日にだけきているコメンテーターと違う」と番組への熱い思いがあった。それだけに「許しがたい番組の現状に遭遇」したことで、怒りを抑えられなかったという。

 当該VTRの事前チェックには関わっておらず、視聴者と同じタイミングで目にすることになり「正直にいいまして、怒りを感じましたし、ショックを覚えた」と振り返った。「自分でどう対応するか迷いました。自分が声を出したことで、また別の不快感を与えるかも。番組終了後にスタッフに問題提起することも一瞬思った」と明かした。

 本業が作家で自殺なども扱った本も執筆。「セクシャリティの差別で自殺に至った方もいる。いま見ている視聴者の中にも傷ついている人もいる。これを黙って放送することで、我々テレビがこういうことを許していると思われる」と抑えきれなかったという。

 その一方で、一部の視聴者から「あそこまで怒り方されると不快に感じた」「体がすくんだ」という声もあったことを明かし、「私自身が(怒りを)表現するスキルが低かった」と反省。さらに「取材を受けた方にもご迷惑をかけてしまった。ただ根本的な間違い、差別を助長してしまうことだけは止めたかった。すみません」と関係者にも謝罪した。

 さらに今回の一件で、「クビにされるのでは」といった心配の声も上がったが「指摘したものの責任として、質の高い番組にするため能動的に関わっていく」と宣言。さらに「私自身が、女性アナウンサーにセクハラまがいの発言をしているとのご意見もいただいた」と、自身の“問題”も含め、番組改善の一助になることを誓っていた。

最終更新:5/15(水) 20:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事