ここから本文です

立川志らく、ハーモニカの腕前をテレビ初披露 「プレバト」新企画スタート!3時間スペシャル

5/15(水) 20:52配信

スポーツ報知

 TBSは「プレバト!!俳句昇格査定&長期特訓“ザ・1か月”3時間SP」(木曜・後7時)を16日に放送する。

 「俳句の才能!特待生昇格スペシャル」として、過去に優秀な成績を収めた芸能人7人が集い、特待生昇格をかけて俳人の夏井いつき先生(61)の一斉査定に挑む。

 お題は「学校の蛇口」の写真。徳光和夫(78)、馬場典子(44)、皆藤愛子(35)のアナウンサー3人は口々に「自信がある」「負けられない」と話しバチバチのバトルを展開。どうしても特待生になりたい筒井真理子(58)、勝負着物で登場の星野真里(37)ら女優陣も気合が入る。

 また、ジャニーズの同世代・Kis-My-Ft2勢に追いつきたいA.B.C-Z・河合郁人(31)はプレッシャーから「うわ!めっちゃ怖い」とビビり、藤井隆(47)は「先生に『大型ルーキー』と言われてますので」と余裕をチラつかせる。

 そんな特待生候補たちが繰り出す渾身の一句に、夏井先生から「今日はホメます!」、梅沢富美男(68)からも「素晴らしい」といった絶賛の声が相次ぎ、新特待生が続々誕生する。

 さらに、新たなライバルの戦いを見届けた名人・特待生の梅沢、村上健志(38)、千原ジュニア(45)も昇格試験に挑戦する。

 「プレバト!!ザ・1か月」では、芸能人が持てる特技を1か月特訓した上で専門家の査定に挑む大型新企画が登場。ジャンルは「クラシック演奏」「マジック」「油絵」の3つ。MCの浜田雅功(56)らが見つめるスタジオでの一発勝負で、さらに技に磨きをかける時間がたっぷりあることから、挑戦者にとっては逃げ場のない厳しい査定となる。1か月を費やした後に待つのは歓喜か落胆か。プレッシャーに立ち向かう姿をカメラが映し出す。

 「クラシック演奏の才能査定」では本物のオーケストラをバックに得意の楽器を演奏し、才能のアリ・ナシを見極めるという、プレバト史上最大スケールの査定を行う。「自信はありますね」と語る立川志らく(55)は歴10年のハーモニカ、元AKB48で恩師が「10年に一度の逸材」と証言した松井咲子(28)はピアノ、小倉優子(35)は中学生にして「プロが認める腕前」だったフルート、そして女優の黒坂真美(40)は5歳からスパルタ教育を受けて練習したヴァイオリンの腕前を披露。それぞれ選んだ曲を1か月猛特訓し、三ツ橋敬子先生の指揮で東京フィルハーモニー交響楽団と一緒に演奏する。

 「マジックの才能査定」は「カード」「コイン」「お札」などを使って自慢の技を披露し、日本を代表する3人のマジシャンが査定する。マジック歴40年の哀川翔(57)、生放送番組で9年間マジックを披露している野々村真(54)、「(同じ事務所では)一番が嵐の二宮くんで2番がボク」と宣言するジャニーズWESTの浜田崇裕(30)が参戦。さらに、モノマネ芸人のほいけんた(53)とかまいたちの濱家(35)も。浜田が「ホンマかいな?」と驚く超絶テクニックの持ち主が続々登場する。

 「油絵の才能査定」は水彩画とは違って何度でも修正できる油絵で、たっぷり時間をかけて大作を描く。参戦するのは、春の水彩画コンクールで優勝した鈴木砂羽(46)、「もちろんトップ」と言い切る加藤登紀子(75)、「油絵のほうが得意」な大和田伸也(71)、中学で美術部長だったバレエダンサーの宮尾俊太郎(34)、洋服のデザインも手掛けるモデルの前田典子(53)。酷評の憂き目にあう者がいる中、伊勢崎勝人先生に「もうこれはプロ級ですね」と絶賛され第1位に輝いたのは…。

最終更新:5/15(水) 20:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事