ここから本文です

【オークス 渡辺調教師に聞く】シゲルピンクダイヤ「具合は本当にいい」

5/16(木) 7:03配信

スポーツ報知

◆オークス追い切り(15日・栗東トレセン)

 ―栗東・坂路で自ら騎乗したシゲルピンクダイヤは単走で53秒2―12秒3でした。

 「動きは良かったです。今の荒れた馬場を考えると、時計もいいですね。全然ぶれることなく走れていたし、具合は本当にいいと思います」

 ―距離が一気に延びて、東京・芝2400メートルが舞台になります。

 「ダイワメジャー産駒だけど、馬体はマイラーっぽくないですからね。桜花賞にしても、どこまでも伸びていきそうだったし、こなせていいと思っています。距離よりもテンションが課題」

 ―その点の対策はどう考えていますか。

 「いくつか検討していますが、ゲート裏まで二重メンコ(覆面)にしていこうかなとは思っています。ただ、今はレースで気の強さがいい方に出てもいるので、そこも大事にしていくようにはしています」

 ―桜花賞は惜しい2着でした。

 「競馬を使うごとに、日を追うごとに馬は良くなってきていると思います。東京も距離も未知な面はあるけど、チャンスはあると思っています」

最終更新:5/16(木) 10:01
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事